中文  •  日本語  •  English  •  한국어
      路浩グループ案内    |    路浩スタッフ案内    |    主要業務    |    路浩ニュース    |    アクセス 
           トップページ < 商標異議 < 商標異議申立の客体及び主体     



商標異議申立の客体及び主体

       

中国商標法第三十条により、初歩審定された商標に対して、その公告の日から3 ヵ月以内に、何人も異議申立をすることができる。
       だから、客体は初歩審定された商標で、主体は何人である。

推薦                                              more
商標異議申立の不受理事由
商標異議申立の証拠資料の追加
商標異議申立の手続
商標異議申立の客体及び主体
share